F4*gi(ふしぎ)のご紹介

ダブルネーム的なコラボレーションのお仕事は、
Time for Princessとしては過去にいくつもさせていただいたり、
個人としても企画協力といった形でお引き受けするお仕事も
実は沢山あったりするのですが、
名前や枠組みにほぼ興味のない私が自分の名前を出して
ひとつのチームを組んだのは今回の「F4*gi(ふしぎ)」が初めてです。

 

もうひとつお仕事が増え肩書きが増え、
もうひとつ別の会社に属した?みたいな感覚。
実際、名刺が増えた。笑

「F4*gi」はクライ・ムキこと、
ソーイングデザイナーの倉井美由紀先生を中心に、
その他、ウェブデザイナーの傍ら様々なプロデュース業もこなすerieriさん、
オートクチュールの世界からフリーのパタンナーとなったkeiさんなど、
メンバーもクリエイティビティ溢れる人で構成されています。
そのため昨年、そのお話をいただいた時は、
「えーっと。お話はわかったけれど。なぜそこに。私?」
と、何度も言ってしまったほど、
とにかく私の人選が疑問でならず^^;

 

そしてコラボのような、
一時的なものではないことがわかっていただけに、
ワガママの通るTime for Princess以外の
「何かに属する」ということを
この年齢まで頑にしてこなかった私には、
違うチームに属すること自体に大きな戸惑いがありました。
そして何より、日本のハンドメイド界を牽引し、
そこで正面切って生きている大先生と、
名を連ねることの重みはわかっているつもりなので、
その部分の覚悟というか、
そこの腹をくくるまでにも時間がかかりました。

 

しかし昨年からのフィジカルコンディションのこともあってね、
ちょうどこれからの自分の人生をどうしたいのか、
自分自身に問い続ける日々だったこともあり、
そのチームを組む深い部分での趣旨、
なぜ私にお声がけ下さったのかの深い理由、
色々と伺って話し合っているうちに、
なるほどの、このご縁。
今までとは違う表現方法が持てるのかもしれない、
いや、むしろこれなのかもしれない!とすら思えました。
それでそんなことも含め生意気にも、
自分のやれること、やれないこと、そしてやりたいこと。
意思を明確にお伝えして有り難く参加させていただく運びとなりました。
クライ・ムキ先生のことは、
「ムキたん」と呼ぶほど元々仲良しではあったものの、笑
だからと言って馴れ合いで始まったチームではないの。

 

「F4*gi(ふしぎ)」とは。

—ものづくりで夢の世界を表現することの
楽しさや素晴らしさを
色々な世代の方に様々な形で
発信シェアして社会貢献していきたいという
強い思いをベースに活動する
世代やジャンルを超えて集まったクリエイティブチーム—

 

短くまとめるとそれで終わってしまうのだけれど、
その中にはみんなそれぞれ、
実に繊細な思いが沢山詰まっていて、
そしてその「F4*gi」のベースとなっている思いは、
私が残りの人生を生きていくベースと、
相通ずるもの、イコールな部分が沢山あります。

 

私は”私の頭の中にある世界”を毎日毎日、
自分なりに、可愛く美しく彩りクリエイトする作業をしています。
ずっとずっと可愛いくて美しい世界を見ていたいから。
それを大人になって仕事や趣味で勝手に具現化して
アウトプットしはじめただけのことで、
実際それは多分、
幼い頃から頭の中ではずーっとしてきていたこと。

 

上手いとか下手とか要は他人からの評価の部分ではなく、
そのクリエイトする作業自体が、
自分自身をどうしようもなくトキめかせて、
どうしようもなく心を動かすのだけれどね、
それをもっともっと表現できるようになりたいと思っております。

 

それは「こんなモノを作った」
ということをお伝えしたいのではなくて、
その「トキメキの部分」をお伝えしたいのです。
全く同じ事をしましょうよ。ではなくて、
もしも、ちょっとでもどこかに気持ちの部分で
共感要素を見つけていただけるのならば、
どうしようもなく心が動くその「感覚」を共有したいし、
それをリアルに表現したりお伝えできるようになりたい!

 

愛情の種を持っていないと愛を感じたり受け取ったり、
そしてもちろん与えることもできないのと同じで、
トキメキもその種を持っていないと、
何に対してもトキメクことができない。
きっと何事もシレっとしちゃう。
そんな感性って、そんな人生って、つまらないじゃない?
だから激しくメルヘンなことをビッグマウスに言っちゃうと、

 

世の中にトキメキの種を撒きたいです。
大いにばら蒔きたい。撒き散らかしたい。

そしてそのトキメキの種で様々な世代の方に向けて
社会貢献していけたらと思っています。
あくまでもモノではなく。
目には見えない「トキメキの種」での社会貢献。

 

と。実はものすごくリアリストで、
しかしながらとんでもなくドリーマーという、
大変「二重人格」な私は、
大真面目にそんなことを思っているの。笑

 

私が思い描いている、
いや、ずっと思い描いていたそれをね。
素晴らしい「F4*gi」のみんなとなら、
楽しく具現化していけるんじゃないかって。
「トキメキの種」を撒いていけるのではないかって。
そんな風に思っているのです。

 

そして。
「F4*gi」としての「はじめの一歩」は、
すでにお仕事としてカタチになっております。
今年の春からずっと頑張ってきたこと、
私がInstagramで特にその中の、
ストーリーズなどでたまに触れている、
”お人形のお仕事”と呼んでいるものがそれで、
書籍のお仕事でございます。

私も初めてのお仕事なので、
一から学ばせていただくことばかり。
沢山のプロフェッショナルなスタッフの方々の元、
本当に大変ではありますが、
夢と希望に溢れた本当に楽しいお仕事です。

 

それは次の記事でしっかりとお話させて下さい!
今日は取り急ぎ、
私が愛する「F4*gi」のご紹介まで♡

 

 

 

2017年11月14日 | Posted in blog, my work | | No Comments » 

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す